ちょっとした工夫で煎茶をさらに美味しく

現代社会においては、何かと時間に追われて慌ただしい生活を送っている人は少なくありません。社会活動は24時間絶え間なく行われています。その流れに遅れないように仕事を次から次にこなしている人もいれば、職場での役割と家庭での役割を両立して自分の事を省みる暇もない人もいます。時間に追われて自分の身体を労わる暇がない人ほど、あえて身体と心を休める時間を作ることが大切なのです。例え短時間であったとしても、心身ともにリラックスした時間を設けることは、健康な身体を維持するためにも、リフレッシュして仕事の効率を上げる為にも非常に重要です。人間が集中力を持続して緊張を保ち続けられる時間は限られています。休憩する時間を設けて緩急をつけることで、身体と心の緊張が解けて良い影響が生まれるのです。心身のリラックスの為に休憩する時間を設ける際には、その目的を作ることで定期的に取り入れやすく出来ます。例えば水分補給であったり、例えばトイレ休憩であったりなど意識を別の所に向けるのです。水分補給は体内の不足した水分を補うためにもこまめに補う必要がある為効果的があります。

煎茶を飲む習慣を身に付ける。その効果とは?

日本人に古くから愛され続けてきた緑茶の中で、最も人気が高くてよく飲まれている煎茶は、程よい渋みに加えて、爽やかな香りを楽しむことができます。利尿作用がある為水分補給を一番の目的として飲む事にはあまり適していませんが、休憩時間の時に毎日飲む習慣を身に付けることは体内にも良い影響を与えてくれます。有名なカテキンやカフェインだけでなく含有成分として、たくさんの成分が含まれています。健康と美容に欠かせないビタミンCは他の茶葉よりも多く含まれています。カテキンには殺菌作用や解毒作用もあり、腸内に感染するさまざまな菌に対して抗菌効果を期待できるのです。毎日飲み続けることで、必要な要素を取り入れることができます。その結果、美肌効果や便秘の解消、老化防止効果や生活習慣病の予防効果も高めることができるのです。何よりも、リラックス効果もある為、休憩時間を設けて心身のリラックスをはかることに適しているのです。

誰でもできる!煎茶の美味しい入れ方とは?

この様に煎茶の魅力はたくさんありますが、その香りと味を更に美味しく味わうためには、入れ方にちょっとした工夫をすることが大切です。美味しく飲めることで毎日の習慣に更なる楽しみが加わるのです。美味しい入れ方を入れるコツとしては、流れで覚えることが大切です。まずは湯の最適な温度で準備します。上級茶葉の場合はうまみ成分を多く含んでいる為、渋みを抑えてうまみが引き出されるように低温の80度で入れます。普通茶葉の場合は上級茶葉に比べるとうまみ成分のアミノ酸が少なく渋み成分のカテキンが多く含まれている為、90度のお湯で香りと適度な渋みを楽しみます。温度を調整するために、一度茶碗に湯を注ぎます。そうする事で湯の温度を調節する事が出来る上に、茶碗を温める効果もあるのです。茶葉は三人に対して大さじ1.5杯程度入れますが、人数が少ない時には一人分の量を増やすことが大切です。一旦茶碗に入れた湯を急須に入れて、1分程度待ち、茶葉が開いてきたことを確認してから、味や濃さを均一にするために廻しつぎして最後の一滴まで入れてしまうことが大切です。